阪田不動産 > 阪田不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 【明石市の不動産持分売却】共有持分のリスクとその回避法 難しい問題もまずは不動産会社に相談!

【明石市の不動産持分売却】共有持分のリスクとその回避法 難しい問題もまずは不動産会社に相談!

≪ 前へ|【明石市の不動産持分売却】共有不動産や持分の意味とメリット 細かい部分の相談もお気軽に   記事一覧   【明石市の不動産屋】厨房設備など飲食店物件の内見時にチェックすべきポイント 新着物件・非公開物件も豊富な阪田不動産|次へ ≫

【明石市の不動産持分売却】共有持分のリスクとその回避法 難しい問題もまずは不動産会社に相談!

誰かと共有の不動産を持っている場合、その不動産を売却するためには不動産持分売却という手続きが必要です。この手続きは口でいうほど簡単ではありません。「権利の行使」など、共有持分に関するトラブルが生じ得るからです。

これから共有不動産の売却を考えているのであれば、共有持分のリスクやその回避方法について理解しておきましょう。このページでは、明石市にある阪田不動産が、共有持分で起こり得るトラブルやその解決方法について解説いたします。

共有持分のリスクは?権利の行使・共有不動産を変更・売却・不動産持分売却

黒板に書かれたRISKの文字

共有持分に関する主なトラブルの原因は、下記の3つです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. 権利の行使によるリスク

共有不動産でよく起こる難しいトラブルの1つが「権利の行使」です。

共有不動産ということは各名義人がそれぞれ持分を持っています。民法第249条によれば、自分の持分がいくらかに関わらず、すべての名義人は共有物の全部を使用することが認められています。

たとえば、あるマンションの持分が1/4の名義人であっても、そのマンション全部を使用する権利があるということです。しかし、感覚的には持分を多く持っている人ほど権利が大きいと捉えがちなので、その認識のズレからトラブルが生じてしまうことが少なくありません。

2. 共有不動産を変更・売却するときのリスク

別の難しい問題は、共有不動産を変更もしくは売却するときです。たとえば共有不動産である土地に盛土をする、建物を大規模に改修するといった場合、共有者全員が同意しないと変更もしくは売却は行えません。

そのため共有不動産の売却時期を逃して価格が大きく下落してしまったり、土地がいつまで経っても売れなかったりといったリスクもあります。

3. 不動産持分売却によるリスク

共有不動産は、不動産持分売却によって自分の持分だけ売却することが可能です。複数人の親族で相続した物件だったはずなのに、いつの間にかまったく知らない人が名義人になっていた…といったケースも少なくありません。このように共有不動産には、使用や管理、売却などいろいろな部分で制約が課せられているのです。

阪田不動産は地域密着の不動産会社として、明石市にある共有不動産の不動産持分売却についてのご相談を承っております。お気軽にお声かけください。

共有持分のリスク回避方

黒板の前で説明するビジネスマン

共有持分に関するリスクを回避する一番の方法は、共有名義をできるだけ早く解消することです。1つの物件に複数の名義人がいるためにこうしたリスクが生じているので、これを解消すればリスクを回避できる、というわけです。

まずは共有不動産を物理的に分割する方法があります。たとえば大きな土地があり、3人兄弟で共有しているとしましょう。この場合それぞれの持ち分に応じて土地を分筆すれば、各自が単独名義の土地を所有できます。

もし土地を分筆するのが現実的でない、もしくは不都合なのであれば、相続や売買の際は単独名義とし、その後ほかの相続人に土地の代わりの現金などを支払うという方法もあります。

ただし駅から徒歩圏内、ショッピングモールが近いなど立地条件によっても土地の価格が変わるので注意が必要です。

また、自分の持分を不動産持分売却するという方法もあります。ほかの名義人に不動産持分売却すれば、その不動産の名義人は減り、自分は現金を得られるため、双方にとってメリットがあります。自分の持分を第三者に不動産持分売却するという方法も考えられますが、第三者にほとんどメリットがないので実行できる可能性はあまりないでしょう。

明石市にある阪田不動産は地元密着の不動産会社として、共有持分のリスク回避など不動産持分売却に関するサポートを行っております。明石市で不動産持分売却したいけれど、どうしたらよいかよくわからないという方は、阪田不動産にお任せください。

難しい問題も不動産会社に相談!明石市の不動産トラブルは阪田不動産へ

不動産を共有している場合、多くのリスクや難しいトラブルに見舞われるおそれがあります。共有不動産では売却も管理も使用も簡単ではありません。しかし、不動産のプロである不動産会社に相談することで、リスクを回避するための適切な方法を教えてもらえるでしょう。

分筆や不動産持分売却など複数の選択肢があるので、自分にとってメリットの大きい選択肢を選ぶことが可能です。

阪田不動産は、明石市の共有不動産の不動産持分売却でお悩みの方のお手伝いをしております。共有持分のリスク回避方法などについてもご相談に乗りますので、ぜひお問い合わせください。

明石市で不動産持分売却についての難しい問題のご相談も阪田不動産へ

会社名 阪田不動産(株)
代表者名 櫻井 幸廣
住所 〒673-0023 兵庫県明石市西新町1丁目5−23
電話番号 078-928-2626
FAX 078-928-2654
メールアドレス sakata.re@nike.eonet.ne.jp
URL //www.sakata-re.co.jp/
営業時間 9:00~18:30
定休日 水曜日
加盟団体 (一社)兵庫県宅地建物取引業協会
交通
  • 山陽本線 明石駅 15
  • 山陽電鉄本線 西新町駅 7
≪ 前へ|【明石市の不動産持分売却】共有不動産や持分の意味とメリット 細かい部分の相談もお気軽に   記事一覧   【明石市の不動産屋】厨房設備など飲食店物件の内見時にチェックすべきポイント 新着物件・非公開物件も豊富な阪田不動産|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • スタッフブログ
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    阪田不動産株式会社
    • 〒673-0023
    • 兵庫県明石市西新町1丁目5番23号
    • TEL/078-928-2626
    • FAX/078-928-2654
    • 兵庫県知事 (14) 第3935号
  • 更新物件情報

    2020-10-26
    玉津町居住貸地の情報を更新しました。
    2020-10-20
    稲美町草谷貸工場の情報を更新しました。
    2020-10-20
    太寺松尾邸の情報を更新しました。
    2020-10-20
    明石グレースアーケードの情報を更新しました。
    2020-10-20
    サニーグリーンの情報を更新しました。
    2020-10-20
    ハイツ平成の情報を更新しました。
    2020-10-20
    フレグランス西新町の情報を更新しました。
    2020-10-20
    和坂2丁目倉庫の情報を更新しました。
    2020-10-20
    池本倉庫 北150坪の情報を更新しました。
    2020-10-20
    西明石町2丁目貸店舗の情報を更新しました。
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る