学習塾に適したテナント物件や貸店舗とは?立地や構造などのポイントを解説

不動産ノウハウ

学習塾に適したテナント物件や貸店舗とは?立地や構造などのポイントを解説

テナント物件や貸店舗で事業をおこなうときは、物件選びも重要です。
学習塾を開校する際は、立地や構造のポイントを押さえて選ぶと、成功につながる可能性が高まるでしょう。
そこで今回は、テナント物件の賃貸借契約を検討されている方に向けて、学習塾に適した立地や構造を解説します。
開校に必要な初期費用も解説しますので、ぜひご参考にしてください。

学習塾を開くテナント物件や貸店舗の立地におけるポイントとは

学習塾を開くテナント物件や貸店舗の立地におけるポイントとは

事業を成功させるためのポイントの1つは、立地条件が適している物件を選ぶことです。
とくに、学習塾は立地が重要になる事業なので、物件は慎重に選ぶ必要があります。
学習塾に適した立地条件のなかでも押さえておきたいポイントは、おもに以下の3点です。

●駅やバス停の近く
●駐車スペースがある
●通学路沿い


これらのポイントについて、それぞれ確認しておきましょう。

テナント物件や貸店舗で学習塾に適した立地①駅やバス停の近く

学習塾を選ぶときは、子どもが通いやすい場所にあるかどうかを重視する方も多いでしょう。
そのため、最寄りの駅やバス停から近い場所にある学習塾は、生徒が集まりやすいと考えられます。
駅やバス停の近くは人の目に留まりやすいので、宣伝効果も期待できます。
ただし、家賃は高い傾向にあるので、予算との兼ね合いをしっかりと考えましょう。

テナント物件や貸店舗で学習塾に適した立地②駐車スペースがある

学習塾は、保護者が車で子どもの送り迎えをすることも多いものです。
そのため、駐車スペースがあるかどうかも、塾選びの際に重視されるポイントの1つです。
駅やバス停から少し離れていても、駐車スペースがあれば、入塾を検討してもらいやすいでしょう。
また、子どもが自転車で通うことも多いので、駐輪スペースも確保できると安心です。
駐車スペースや駐輪スペースがないと、路上駐車が増えて、通行する車や近隣の方に迷惑をかけてしまう恐れがあるので注意しましょう。

テナント物件や貸店舗で学習塾に適した立地③通学路沿い

学校の通学路沿いも、学習塾を開校する立地として適しています。
通学路沿いにあると、子どもの目に留まりやすく、興味を持ってもらえる可能性が高まります。
通学路沿いにある学習塾は通いやすいので、選ばれやすいでしょう。
ただし、高校生がターゲットなのに、中学校の通学路沿いを選んでも、あまり効果は期待できません。
高校受験を目指す学習塾なら中学校、大学合格が目的なら高校の通学路沿いなどのように、ターゲットに合わせて選ぶことがポイントです。

▼この記事も読まれています
兵庫県神戸市西区伊川谷駅の住みやすさは?アクセスと買い物の利便性から解説

学習塾に適しているテナント物件や貸店舗の構造とは

学習塾に適しているテナント物件や貸店舗の構造とは

学習塾を開校するテナント物件や貸店舗を選ぶ際に重要なポイントは、立地だけではありません。
テナント物件や貸店舗の構造も、学習塾の成功を左右する可能性があります。
そこで、物件選びの参考となるように、おもな建物の構造と特徴を確認しておきましょう。

テナント物件や貸店舗の構造①木造

骨組みに木材が使われている木造のメリットは、断熱性に優れていることです。
ただし、ほかの構造に比べると、遮音性や耐震性が高くないことはデメリットです。
学習塾は、講義の際に先生が大きな声を出したり、生徒たちの声でにぎやかになったりすることがあるでしょう。
すると、遮音性が高くない構造だと声が漏れてしまい、近隣から苦情を受ける恐れがあります。
防音マットや防音カーテンなどの対策を講じると、遮音性を高めることが可能です。
そのため、木造のテナント物件や貸店舗を検討する場合は、対策がしやすい物件かどうかをしっかりと確認しましょう。

テナント物件や貸店舗の構造②軽量鉄骨造

軽量鉄骨造は、建材に軽量鉄骨が用いられている建物です。
木造に比べると耐震性は高くなりますが、遮音性はそれほど変わりません。
また、断熱性にはあまり優れていないので、先生や生徒が多く集まる学習塾は、室温が高くなるでしょう。
そのため、軽量鉄骨造のテナント物件や貸店舗で学習塾を開校する場合は、エアコンの設置が必要です。
さらに、木造と同じような防音対策も重要となります。

テナント物件や貸店舗の構造③重量鉄骨造

重量鉄骨造の建物には、軽量鉄骨よりも厚さのある重量鉄骨が使われています。
そのため、軽量鉄骨造の建物よりも、耐震性や遮音性に優れています。
大きな空間を作りやすいメリットもあるので、学習塾に適している構造だと言えるでしょう。

テナント物件や貸店舗の構造④鉄筋コンクリート造

鉄筋とコンクリートが組み合わされている鉄筋コンクリート造は、4種類のなかでもとくに防音性の高い構造の物件です。
そのため、授業や生徒の声が周囲に漏れて、苦情を受ける心配が減少するでしょう。
耐震性が高く、耐火性や気密性に優れていることもメリットです。

▼この記事も読まれています
地域情報を解説!兵庫県神戸市西区にある学園都市駅周辺の住みやすさとは?

テナント物件や貸店舗で学習塾を開校する際にかかる初期費用とは

テナント物件や貸店舗で学習塾を開校する際にかかる初期費用とは

学習塾を開校する際は、さまざまな初期費用がかかります。
とくに多くの費用がかかるのは、物件取得費と内装工事です。
そこで、それぞれにかかる費用の目安を確認しておきましょう。

学習塾の開校にかかる費用の目安①物件取得費

物件取得費は、学習塾を開校するテナント物件や貸店舗を借りる際にかかる費用です。
初月の家賃のほかに、敷金や礼金、仲介手数料などを支払います。
敷金と礼金は家賃の3~6か月分、仲介手数料は家賃の1か月分ほどが目安です。
たとえば、家賃が15万円の場合は合計75~120万円、家賃が20万円の場合は合計100~160万円ほどの費用がかかります。
このように、支払う金額は家賃によって変わるので、テナント物件や貸店舗を探す際は、物件取得費も考慮しながら検討しましょう。

学習塾の開校にかかる費用の目安②内装工事

テナント物件や貸店舗で学習塾を開校する際は、内装工事も必要です。
内装工事の坪単価の費用の目安は、10~30万円ほどです。
ただし、テナント物件や貸店舗が「居抜き物件」か「スケルトン物件」かによって、費用の目安は変わります。
居抜き物件とは、以前にそのテナント物件や貸店舗を使っていたお店の内装や設備などが、そのまま残っている物件です。
内装や設備などをそのまま使うことができると、内装工事にあまり費用をかけずに済むでしょう。
とくに、以前学習塾だったテナント物件や貸店舗を使えると、必要な工事が大幅に減るので、初期費用を節約できます。
一方、スケルトン物件とは、設備などが何も残されておらず、床やクロスもなくてコンクリートがむき出しになっている状態の物件です。
理想の学習塾を一からデザインできることはメリットですが、内装工事には費用がかかります。
スケルトン物件に必要な工事は、造作工事や間仕切りの設置、水道や電気工事、空調工事などたくさんあります。
設計や施工管理費なども含めた合計金額の目安は、25坪の物件で250万円以上になるでしょう。
なお、内装工事の費用は物件の広さや状態だけではなく、工事の内容などによっても変わります。
内装にこだわると費用が高くなるので、予算を超えてしまわないように注意しましょう。

▼この記事も読まれています
兵庫県神戸市西区にある西神中央駅周辺の住みやすさをご紹介!

まとめ

学習塾を開くためにテナント物件や貸店舗を探す際は、適した立地や構造を考えて選ぶと、事業の成功につながる可能性が高まります。
とくに押さえておきたいポイントは、通いやすさや駐車スペース、防音性の高さなどです。
学習塾の開校にはまとまった初期費用がかかるので、予算との兼ね合いもしっかりと考えて選びましょう。


”不動産ノウハウ”おすすめ記事

  • 貸し工場や倉庫に必要な天井の高さ!天井高の重要性や空調問題の対策も解説の画像

    貸し工場や倉庫に必要な天井の高さ!天井高の重要性や空調問題の対策も解説

    不動産ノウハウ

  • テナント物件と店舗の違いは?業種や物件の選び方についてもご紹介!の画像

    テナント物件と店舗の違いは?業種や物件の選び方についてもご紹介!

    不動産ノウハウ

  • カフェを開業したい!テナント物件の種類や立地の選び方をご紹介の画像

    カフェを開業したい!テナント物件の種類や立地の選び方をご紹介

    不動産ノウハウ

  • 事業用不動産を売却するときの流れとは?売却を成功させるポイントも解説の画像

    事業用不動産を売却するときの流れとは?売却を成功させるポイントも解説

    不動産ノウハウ

  • 事業用賃貸物件とは?賃貸借契約の流れや注意点を解説の画像

    事業用賃貸物件とは?賃貸借契約の流れや注意点を解説

    不動産ノウハウ

  • オフィスに配置するのにふさわしい観葉植物の品種はなに?選び方のコツとは!の画像

    オフィスに配置するのにふさわしい観葉植物の品種はなに?選び方のコツとは!

    不動産ノウハウ

もっと見る