工場に求められる安全対策「5S」の具体的な内容や目的とは?対策は万全に!の画像

工場に求められる安全対策「5S」の具体的な内容や目的とは?対策は万全に!

不動産ノウハウ

工場に求められる安全対策「5S」の具体的な内容や目的とは?対策は万全に!

工場では通常扱わないような危険な薬品を扱ったり、さまざまな機械が設置されていたりと、危険と隣り合わせの環境でもあります。
そんな工場では、命や周辺環境を守るためにも安全対策が欠かせません。
重大な事故を起こしてしまわないように、工場で取るべき安全対策とはどのようなものなのでしょうか。
ここでは、工場に必要な安全対策「5S」の内容や目的について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

工場の安全対策として重要な「5S」の内容とは

危険と隣り合わせの環境になることも多い工場ですが、過去には命に関わる重大な事故が起こったことも少なくはありません。
そのような背景からも工場の安全対策が見直されるようになり、1980年代後半になり工場などの製造業の安全対策として使われるようになった言葉が「5S」です。
「5S」とは、整理・整頓・清掃・清潔・しつけのことで、ローマ字にした際のすべての頭文字を取って「5S」と呼ばれるようになりました。
整理整頓をおこない不要なものは廃棄して、必要なものだけを工場内に置くようにします。
すると、道具の置き場所や必要な個数を常に把握しやすく、紛失した際に早期に気付くほか危険物の安全性確保にもつながるのです。
清掃は、ホコリなどの掃除だけでなく、機械のメンテナンスや細菌や虫が発生するのを防止することも含みます。
清潔とは、整理整頓と清掃のいわゆる3Sを常に維持できるようなルールづくりを目指すことです。
そのためのルーティンなどの習慣化を身に付けることをしつけとして、5Sが提唱されています。
5Sをおこなうことは安全対策につながると同時に、作業の効率化を向上させることにもつながるため、全員で取り組むことが重要です。

工場の安全対策「5S」の目的は安全だけではない

工場での不慮の事故を未然に防ぐためにも安全対策の一環としておこなうべき「5S」ですが、「5S」の目的は安全性の確保のためだけではありません。
「5S」をおこなうことで働く環境も改善され、職場の生産性そのものの向上も期待できます。
また、全員で「5S」というひとつの目標に取り組むことで、職場全体の意識や統率力が高まる効果もあるでしょう。
いずれにしても、「5S」をおこなうことは働く環境そのものにも良い影響を与えることが期待できます。

まとめ

「5S」とは、整理・整頓・清掃・清潔・しつけをおこなうことをいいます。
安全対策としての効果はもとより、生産性のアップにもつながるため、職場全体で意識的に取り組むのがおすすめです。
明石市・神戸市西区で貸倉庫をお探しなら、阪田不動産お任せください。
何かご質問などがございましたら、当社へお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”不動産ノウハウ”おすすめ記事

  • 貸し工場や倉庫に必要な天井の高さ!天井高の重要性や空調問題の対策も解説の画像

    貸し工場や倉庫に必要な天井の高さ!天井高の重要性や空調問題の対策も解説

    不動産ノウハウ

  • 学習塾に適したテナント物件や貸店舗とは?立地や構造などのポイントを解説の画像

    学習塾に適したテナント物件や貸店舗とは?立地や構造などのポイントを解説

    不動産ノウハウ

  • テナント物件と店舗の違いは?業種や物件の選び方についてもご紹介!の画像

    テナント物件と店舗の違いは?業種や物件の選び方についてもご紹介!

    不動産ノウハウ

  • カフェを開業したい!テナント物件の種類や立地の選び方をご紹介の画像

    カフェを開業したい!テナント物件の種類や立地の選び方をご紹介

    不動産ノウハウ

  • 事業用不動産を売却するときの流れとは?売却を成功させるポイントも解説の画像

    事業用不動産を売却するときの流れとは?売却を成功させるポイントも解説

    不動産ノウハウ

  • 事業用賃貸物件とは?賃貸借契約の流れや注意点を解説の画像

    事業用賃貸物件とは?賃貸借契約の流れや注意点を解説

    不動産ノウハウ

もっと見る