居抜き物件とは?事業を始めるにあたっての魅力と注意点を解説!の画像

居抜き物件とは?事業を始めるにあたっての魅力と注意点を解説!

不動産ノウハウ

居抜き物件とは?事業を始めるにあたっての魅力と注意点を解説!

店舗などの事業を始めるにあたって、どのような物件を選ぶかは重要です。
テナント募集をしている空き物件のなかには「居抜き」と表示されたものもあり、どのような物件なのか気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は、居抜き物件とは何なのかを、借りる側から見た魅力や注意点とともにご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

居抜き物件とは?

居抜き物件とは、前にその物件に入っていたテナントの設備や什器・家具などが残っているもののことをいいます。
通常だとテナントが物件を退去する際には、床や壁・天井の内装をはじめ、厨房にある調理設備やテーブル・椅子などの家具などをすべて撤去しなければなりません。
このように、建物内に何もなくなった状態を「スケルトン物件」といいます。
貸主の承諾が得られればスケルトンの状態にせず、居抜きのまま物件を返却することも可能なのです。
借りる側としてもスケルトン物件と違ったメリットや注意点があるため、事前に確認しておきましょう。

居抜き物件を借りる魅力とは?

店舗などを開業しようとしている方にとって、最初から設備や什器などがそろっているのは魅力的な条件です。
開業に必要なものをそろえるための初期費用を抑えられるため、資金に不安がある場合に最適な選択といえるでしょう。
また、内装などもある程度そのまま使えるようなら、工事も最低限で済みます。
そのため、物件を契約してからオープンするまでスピーディに進めることが可能です。
居抜き物件は空室リスクを低減できるので、貸主にとってもメリットの大きい条件ですが、借りる側にとってもこのような魅力があります。

居抜き物件を借りる際の注意点とは?

居抜き物件のなかには未解約物件もあり、この場合、元テナントが借りているのと同じ条件で次の借主を募集してしまうことがあります。
しかし、貸主が次の契約から賃貸条件を変更してくる場合もあるのです。
居抜きでの引き渡しができない可能性もあるので注意してください。
また、前のテナントが設置した設備や什器などをそのまま使用するためには、造作価格を支払って前のオーナーから買い取る必要があります。
これについてはオーナー同士のやり取りで内容が決まるため、どちらか一方が納得できずに破断になってしまうこともあるのです。

まとめ 

居抜き物件は開業の初期費用を抑えられることやオープンまでの時間を短縮できることなど、借主にとって魅力がたくさんあります。
しかし、居抜き物件ならではの注意点もあるため、しっかり確認してからどうすべきか決めるようにしましょう。
明石市・神戸市西区で貸倉庫をお探しなら、阪田不動産お任せください。
何かご質問などがございましたら、当社へお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産ノウハウ”おすすめ記事

  • テナント物件で歯科医院を開く際の条件は?契約の注意点を解説の画像

    テナント物件で歯科医院を開く際の条件は?契約の注意点を解説

    不動産ノウハウ

  • 貸し工場や倉庫に必要な天井の高さ!天井高の重要性や空調問題の対策も解説の画像

    貸し工場や倉庫に必要な天井の高さ!天井高の重要性や空調問題の対策も解説

    不動産ノウハウ

  • 学習塾に適したテナント物件や貸店舗とは?立地や構造などのポイントを解説の画像

    学習塾に適したテナント物件や貸店舗とは?立地や構造などのポイントを解説

    不動産ノウハウ

  • テナント物件と店舗の違いは?業種や物件の選び方についてもご紹介!の画像

    テナント物件と店舗の違いは?業種や物件の選び方についてもご紹介!

    不動産ノウハウ

  • カフェを開業したい!テナント物件の種類や立地の選び方をご紹介の画像

    カフェを開業したい!テナント物件の種類や立地の選び方をご紹介

    不動産ノウハウ

  • 事業用不動産を売却するときの流れとは?売却を成功させるポイントも解説の画像

    事業用不動産を売却するときの流れとは?売却を成功させるポイントも解説

    不動産ノウハウ

もっと見る