賃貸契約をする際の必要書類とは?その理由や発行手順についてご紹介!の画像

賃貸契約をする際の必要書類とは?その理由や発行手順についてご紹介!

不動産ノウハウ

賃貸契約をする際の必要書類とは?その理由や発行手順についてご紹介!

部屋を借りる際には、多数の書類を準備しなければなりません。
引っ越しまで時間がないなら、用意する書類を事前に確認しておくといいでしょう。
賃貸契約で必要書類とされる、3つの書類の特徴をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸契約をする際の必要書類①印鑑証明

契約時には、連帯保証人に対する印鑑証明の提出が求められることがあります。
なぜなら、賃貸契約における連帯保証人は重要な人物だからです。
入居者が家賃を滞納した際に、連帯保証人は代わりに家賃を支払う義務があります。
このように重要な人物である点から、連帯保証人は契約書に実印を押し、本人が捺印した証拠として一緒に印鑑証明書も貼付することがあるでしょう。
また、連帯保証人は賃貸契約に同席することが少ない理由もあります。
もしかしたら、借主が勝手に連帯保証人の実印を持ち出したかもしれません。
借主の勝手な判断で、名前や実印を借りただけとならないよう、印鑑証明が求められます。
連帯保証人の印鑑証明があれば、記載内容に信憑性が出るでしょう。

賃貸契約をする際の必要書類②戸籍謄本

賃貸契約では、物件によって戸籍謄本を必要書類に含めている場合があるでしょう。
一般的には、住民票などの本人確認書類を提出することが多くなっています。
どちらになるかは、管理会社や大家さんの意向によります。
戸籍謄本を必要書類に含めないケースが多い理由は、出身地は賃貸契約に関係がないためです。
個人情報を確認する目的なら、免許証などの本人確認書類や住民票で十分です。
もし、戸籍謄本の提出を求められた場合でも、別の書類で対応可能な場合があります。

賃貸契約をする際の必要書類③住民票

戸籍謄本の代わりとなる必要書類は、住民票です。
住民票を提出することで、どこの誰なのか身元を確認することができるでしょう。
また、提出する住民票は世帯一部の記載の場合と、世帯全員の写しを選択するケースがあります。
基本的には、入居希望者の情報が記載されていれば構いません。
1人暮らしであれば、本人の情報があれば大丈夫です。
同居人がいるなら、同居人の住民票も用意するようにしてください。
注意したいのは、マイナンバーの記載です。
住民票を請求する際にマイナンバー記載を選べるため、なしを選んでください。

まとめ

賃貸契約を控えているなら、必要書類をチェックしておきましょう。
どの書類も即日発行が可能ですが、引っ越しシーズンになると役所が混み合いやすいため注意してください。
どの書類が必要かは、管理会社や大家さんの意向で異なるため、状況に合わせた確認がおすすめです。
阪田不動産では、明石市の物件をご紹介しております。
ご希望する間取りやこだわりたい設備などございましたら、お気軽に当社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産ノウハウ”おすすめ記事

  • テナント物件で歯科医院を開く際の条件は?契約の注意点を解説の画像

    テナント物件で歯科医院を開く際の条件は?契約の注意点を解説

    不動産ノウハウ

  • 貸し工場や倉庫に必要な天井の高さ!天井高の重要性や空調問題の対策も解説の画像

    貸し工場や倉庫に必要な天井の高さ!天井高の重要性や空調問題の対策も解説

    不動産ノウハウ

  • 学習塾に適したテナント物件や貸店舗とは?立地や構造などのポイントを解説の画像

    学習塾に適したテナント物件や貸店舗とは?立地や構造などのポイントを解説

    不動産ノウハウ

  • テナント物件と店舗の違いは?業種や物件の選び方についてもご紹介!の画像

    テナント物件と店舗の違いは?業種や物件の選び方についてもご紹介!

    不動産ノウハウ

  • カフェを開業したい!テナント物件の種類や立地の選び方をご紹介の画像

    カフェを開業したい!テナント物件の種類や立地の選び方をご紹介

    不動産ノウハウ

  • 事業用不動産を売却するときの流れとは?売却を成功させるポイントも解説の画像

    事業用不動産を売却するときの流れとは?売却を成功させるポイントも解説

    不動産ノウハウ

もっと見る