2人で住む際のおすすめの広さは?40㎡から60㎡の部屋について解説の画像

2人で住む際のおすすめの広さは?40㎡から60㎡の部屋について解説

不動産ノウハウ

2人で住む際のおすすめの広さは?40㎡から60㎡の部屋について解説

カップルや夫婦、2人で住むにはどれくらいの広さで、どういった間取りがいいか、悩んでしまうことも多いでしょう。
2人の場合は、40㎡や50㎡を選ぶケースが一般的ですが、それぞれ間取りも異なるものです。
さらに60㎡であれば、広さはもちろん、部屋数が増えるメリットもあります。
今回はそれぞれの広さの特徴と、おすすめポイントについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

2人で住む際のおすすめの広さ!40㎡のお部屋の場合

1LDKや2DKの間取りが多い40㎡の部屋は、2人暮らしにおすすめです。
40㎡は約24畳の広さで、キッチンやトイレ、洗面室や浴室、収納などがあるため、居住スペースは16畳程度になります。
荷物が多いと手狭になりゆったりとくつろげなくなるので、タンスなどの家具や荷物が少ないカップルにおすすめです。
1LDKであれば、コンパクトなLDKと寝室を確保できます。
カップルで寝室をわけることはできませんが、寝室が同じでよいと考えるなら問題ありません。

2人で住む際のおすすめの広さ!50㎡のお部屋の場合

30畳程度の50㎡の部屋は、広めの1LDKもしくは、コンパクトな2LDKの間取りが多いです。
LDKにも寝室にも余裕ができ、大きくなければ家具も置けるでしょう。
荷物が多いカップルや夫婦でも、整理整頓をすれば快適に暮らせます。
2LDKの間取りであれば、1部屋を寝室に、もう1部屋は客間や趣味に使う部屋にすることも可能で、それぞれの個室として使うこともできます。
1部屋の広さはそれほどなくても、部屋数がほしい場合は2LDKを選ぶとよいでしょう。

2人で住む際のおすすめの広さ!60㎡のお部屋の場合

37畳ほどの広さになる60㎡の部屋は、2LDKや3LDKの間取りが多く見られます。
広さの感覚としては、普通の2LDK、コンパクトな3LDK、といった印象です。
2LDKとしてならそれぞれの部屋にゆとりがありますが、3LDKとなると1部屋ずつの広さが狭く感じられるでしょう。
それでも、部屋数が多いほうがよい場合は、3LDKがおすすめです。
夫婦の寝室、趣味の部屋、子ども部屋などとわけて使用できます。
結婚して子どもが増えても住み続けたい場合は、60㎡で3LDKがおすすめです。
ただし、3部屋の広さは、1部屋が6畳、あとの2部屋は4.5畳程度といったケースが多いため、部屋の使い方は検討する必要があります。

まとめ

40㎡だと2人で暮らすには少し手狭になりますが、60㎡ほどあれば、3LDKの間取りも増え、子どもが増えても部屋を用意できるでしょう。
40㎡だと窮屈だけど、60㎡は必要ないと感じるなら、50㎡がおすすめです。
荷物も置けるし、2人のプライベートも確保できるでしょう。
どのくらいの広さがいいか、間取りはどれが適しているかは、2人のライフスタイルや将来のことを踏まえて検討しましょう。
明石市・神戸市西区で貸オフィスを探している方は、私たち阪田不動産お任せください!
オフィスに関するご質問も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

”不動産ノウハウ”おすすめ記事

  • テナント物件で歯科医院を開く際の条件は?契約の注意点を解説の画像

    テナント物件で歯科医院を開く際の条件は?契約の注意点を解説

    不動産ノウハウ

  • 貸し工場や倉庫に必要な天井の高さ!天井高の重要性や空調問題の対策も解説の画像

    貸し工場や倉庫に必要な天井の高さ!天井高の重要性や空調問題の対策も解説

    不動産ノウハウ

  • 学習塾に適したテナント物件や貸店舗とは?立地や構造などのポイントを解説の画像

    学習塾に適したテナント物件や貸店舗とは?立地や構造などのポイントを解説

    不動産ノウハウ

  • テナント物件と店舗の違いは?業種や物件の選び方についてもご紹介!の画像

    テナント物件と店舗の違いは?業種や物件の選び方についてもご紹介!

    不動産ノウハウ

  • カフェを開業したい!テナント物件の種類や立地の選び方をご紹介の画像

    カフェを開業したい!テナント物件の種類や立地の選び方をご紹介

    不動産ノウハウ

  • 事業用不動産を売却するときの流れとは?売却を成功させるポイントも解説の画像

    事業用不動産を売却するときの流れとは?売却を成功させるポイントも解説

    不動産ノウハウ

もっと見る