オフィスにぴったりの空調を選ぼう!空調の種類や選び方を解説の画像

オフィスにぴったりの空調を選ぼう!空調の種類や選び方を解説

不動産ノウハウ

櫻井 幸典

筆者 櫻井 幸典

オフィスにぴったりの空調を選ぼう!空調の種類や選び方を解説

オフィスでかかる電気代の半分が、空調設備の費用と言われています。
オフィスのエアコンは、快適さや利便性だけでなく、コストについても考えた上で選ぶのがおすすめです。
今回は、空調設備の種類やそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

オフィスの空調の種類①個別空調とは?

個別空調とは、家庭用エアコンのように、各部屋でそれぞれに温度調整が可能な形式のことです。
雑居ビルのように、さまざまなオフィスが入居している場合は、個別空調式の方が向いています。
このタイプには、送風機や冷凍機などが一体になったパッケージエアコンと、1台の室外機に対しタイプ違いのエアコンを、個別に運転できるマルチエアコンのタイプがあります。
メリットとしては、温度などの調整を各部屋で自由におこなえる点です。
時間帯や曜日などに制限もないので、残業や休日に出勤した場合も自由に使えます。
しかし、このタイプの場合は電気代に注意が必要です。
電気代は、共益費には含まれず、基本的に使ったkw数が基本料金に上乗せされます。
工夫によって電気代は節約が可能なので、使っていない時間帯や使っていない部屋などはこまめにオフすることが大切です。

オフィスの空調の種類②セントラル空調とは?

一方セントラル空調とは、熱源機器を1か所にまとめ、そこからビル全体のエアコンを管理できるようにしているタイプのことを指します。
大規模なビルやショッピングモールなどでも、採用されている設備です。
熱源を空気で運ぶタイプや水で運ぶタイプ、空気と水両方を使用するタイプなどの方式があり、種類によって必要なスペースや効果も異なります。
また、セントラル空調は、自分で温度や風量などの調整をする必要がなく、いつでも快適な環境を得られます。
メリットとしてあげられるのは、コアタイムは基本料金以外の費用が発生しない点です。
コアタイムは、平日の昼間などに設定されていることが多いので、残業などの時間以外はどれだけ使用しても電気代の心配をする必要がありません。
しかし、設定を自由に変えられない場合が多く、とくに季節の変わり目などは一度に暖房や冷房が切り替えられてしまうのがデメリットと言えます。
また、コアタイム以外の料金が割高なため、残業や休日出勤の多い会社には不向きです。

まとめ

今回は、オフィスで使われるエアコンの種類やそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介しました。
仕事をする時間帯やビルの形態によっても、どちらが向いているかが変わりますので、それぞれの特徴をよく知って物件選びに役立てましょう。
明石市・神戸市西区で貸オフィスを探している方は、私たち阪田不動産お任せください!
オフィスに関するご質問も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産ノウハウ”おすすめ記事

  • テナント物件で歯科医院を開く際の条件は?契約の注意点を解説の画像

    テナント物件で歯科医院を開く際の条件は?契約の注意点を解説

    不動産ノウハウ

  • 貸し工場や倉庫に必要な天井の高さ!天井高の重要性や空調問題の対策も解説の画像

    貸し工場や倉庫に必要な天井の高さ!天井高の重要性や空調問題の対策も解説

    不動産ノウハウ

  • 学習塾に適したテナント物件や貸店舗とは?立地や構造などのポイントを解説の画像

    学習塾に適したテナント物件や貸店舗とは?立地や構造などのポイントを解説

    不動産ノウハウ

  • テナント物件と店舗の違いは?業種や物件の選び方についてもご紹介!の画像

    テナント物件と店舗の違いは?業種や物件の選び方についてもご紹介!

    不動産ノウハウ

  • カフェを開業したい!テナント物件の種類や立地の選び方をご紹介の画像

    カフェを開業したい!テナント物件の種類や立地の選び方をご紹介

    不動産ノウハウ

  • 事業用不動産を売却するときの流れとは?売却を成功させるポイントも解説の画像

    事業用不動産を売却するときの流れとは?売却を成功させるポイントも解説

    不動産ノウハウ

もっと見る