賃貸契約を結ぶときに必要な保証会社とは?メリット・デメリットもご紹介!の画像

賃貸契約を結ぶときに必要な保証会社とは?メリット・デメリットもご紹介!

不動産ノウハウ

賃貸契約を結ぶときに必要な保証会社とは?メリット・デメリットもご紹介!

賃貸契約を結ぶときに連帯保証人を必要としない代わりに、保証会社と契約することが増えてきています。
しかし、この保証会社というのは具体的にどのようなことをしてくれるのでしょうか。
今回はこの保証会社についての詳しい内容と、利用するにあたってのメリット・デメリットについてご紹介していきます。
これから賃貸契約を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸契約で使われる保証会社とは?

賃貸契約で使われる保証会社というのは、主に借主が家賃を払えない状況になってしまった際に、借主に代わり家賃を立て替えてくれる役割を持っています。
親や親戚に連帯保証人を頼みづらい、親が高齢や無職などで頼めないなど、といった場合に活用できるものです。
このように見ると連帯保証人の代わりのような役割をしているようにも見受けられますが、貸主によっては連帯保証人に加え、この保証会社との契約を依頼してくる場合もあります。
保証会社の保証料はだいたい家賃の半分から1ヶ月分となっています。

賃貸契約のときに保証会社に依頼するメリットとは?

保証会社を使うことによって得られるメリットも多く、家賃が払えないときの対策が取られているということで、入居の審査が受かりやすいなどがあります。
何らかの事情で家賃が支払えない状況になってしまった際、連帯保証人に依頼している場合はその保証人の方に迷惑がかかってしまいます。
保証会社を利用することによって、周囲の人に迷惑をかけずに賃貸を借りることができます。
また本来なら十分な収入がないと審査に通らない物件でも、保証会社と契約していることによって審査に通りやすくなるといったメリットもあります。

賃貸契約をするときに保証会社に依頼するデメリットとは?

当然ながら利用するにあたって、保証料と呼ばれる金額の負担があります。
これから新たに賃貸契約を結ぶにあたり、こうした出費はデメリットとも言えます。
保証会社を使用しているから家賃を滞納してもいいというわけではありませんので、家賃が払えなくなるようなお金に余裕がない状態にはしないようにしておきたいものです。
金銭的負担のデメリットがあるため、使用する際は注意が必要です。

まとめ

賃貸契約の際に使用する保証会社とは、自分が何らかの事情で家賃が支払えない状況になってしまったときに、代わりに家賃を立て替えてくれる役割を持っています。
保証会社と契約することで入居審査に受かりやすくなる、万が一の事態に発展したときには代わりに家賃を払ってくれるなどメリットも多くあります。
しかし、保証料などの支払いがあるため、金銭的な負担が多くなるといったデメリットも見逃さないようにしておきましょう。
明石市・神戸市西区で貸倉庫をお探しなら、阪田不動産お任せください。
何かご質問などがございましたら、当社へお気軽にお問い合わせください。

”不動産ノウハウ”おすすめ記事

  • 貸し工場や倉庫に必要な天井の高さ!天井高の重要性や空調問題の対策も解説の画像

    貸し工場や倉庫に必要な天井の高さ!天井高の重要性や空調問題の対策も解説

    不動産ノウハウ

  • 学習塾に適したテナント物件や貸店舗とは?立地や構造などのポイントを解説の画像

    学習塾に適したテナント物件や貸店舗とは?立地や構造などのポイントを解説

    不動産ノウハウ

  • テナント物件と店舗の違いは?業種や物件の選び方についてもご紹介!の画像

    テナント物件と店舗の違いは?業種や物件の選び方についてもご紹介!

    不動産ノウハウ

  • カフェを開業したい!テナント物件の種類や立地の選び方をご紹介の画像

    カフェを開業したい!テナント物件の種類や立地の選び方をご紹介

    不動産ノウハウ

  • 事業用不動産を売却するときの流れとは?売却を成功させるポイントも解説の画像

    事業用不動産を売却するときの流れとは?売却を成功させるポイントも解説

    不動産ノウハウ

  • 事業用賃貸物件とは?賃貸借契約の流れや注意点を解説の画像

    事業用賃貸物件とは?賃貸借契約の流れや注意点を解説

    不動産ノウハウ

もっと見る