阪田不動産 > 阪田不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 【神戸市西区】不動産仲介のメリット 仲介と買取の違いや不動産査定について

【神戸市西区】不動産仲介のメリット 仲介と買取の違いや不動産査定について

≪ 前へ|コラム一覧2   記事一覧   【明石市・不動産】貸倉庫の内見ポイントや貸土地の契約内容について|次へ ≫

【神戸市西区】不動産仲介のメリット 仲介と買取の違いや不動産査定について

【神戸市西区】不動産会社に仲介を依頼するメリット

住宅を手放したい、賃貸経営を行いたいと考えている方はいらっしゃいませんか?売却経験がない場合、不動産査定や取引、契約方法などに戸惑う方も多いのではないでしょうか。事前にポイントを押さえておくことで、スムーズに手続きを進めることができます。

こちらでは、明石市や神戸市西区を中心に工場や倉庫の賃貸、貸土地、不動産売買などに対応する阪田不動産が、不動産仲介を業者に依頼するメリットや買取・仲介の違い、不動産査定などについて解説します。

【神戸市西区】不動産会社に仲介を依頼するメリット・仲介と買取の違い

不動産売却や賃貸経営の経験が少ない場合、交渉や調整に戸惑ったり、思わぬトラブルに遭遇してしまったりすることもあります。スムーズに手続きを進めるためには、不動産のプロにお任せください。ここでは、不動産会社に仲介を依頼するメリットや、仲介と買取の違い、それぞれの特徴をご紹介します。

【神戸市西区】不動産会社に仲介を依頼するメリット

木に記されたメリットの文字

不動産売却や賃貸経営の際、様々な手続きが発生します。専門知識をもとに各種手続きを代行するのが不動産会社です。不動産会社に仲介を依頼することで、次のようなメリットがあります。

幅広く買い手・借り手を探すことができる

ご自身で買い手や借り手を探す場合、限られた人脈の中から希望者を見つける必要があります。一方の不動産会社は、全国の不動産業者と連携したり、民間の不動産ポータルサイトや独自の情報収集網を活用したりしながら、性別・年齢を問わず幅広い層から購入や入居希望者を募ることができます。

契約にかかる手間を省ける

不動産の契約にあたっては、大きな金額が動きます。そのため、様々な場面で交渉や調整が必要です。ご自身で不動産業界ならではのルールや用語を理解したうえで安全に契約を結ぶためには、非常に大きな手間と時間が必要となるでしょう。難解な手続きを不動産のプロに任せることで、効率的な取引が可能になります。

知識不足によるトラブルを回避できる

個人で不動産の売却や賃貸経営などを行う場合、相場よりも低い価格で取引してしまう恐れがあります。その点、不動産会社であればしっかりと査定したうえで物件の適正な価格を見極め、貸主・売主にとって有利な交渉を行うことができます。

不動産売却や賃貸経営には知識と経験が必要です。不動産会社へ依頼する費用を抑えるために、ご自身ですべて対応しようと考える方もいらっしゃるかもしれません。ご自身で対応する場合、様々なトラブルが発生してしまう可能性もあります。

売却や賃貸募集をスムーズに進めたい場合には、阪田不動産へご相談ください。明石市や神戸市西区を中心に、不動産売買や工場・倉庫の賃貸、貸土地など、不動産の様々なご相談に対応いたします。

【神戸市西区】不動産仲介と不動産買取の違い

電球のイラスト

不動産を売却するには、「仲介」と「買取」という2つの方法があります。どちらも不動産会社が関わる点は同じですが、売却期間や価格などに違いがあります。仲介と買取の主な違いや特徴は次のとおりです。

仲介

売却したい物件の買い手を不動産会社が探す方法です。仲介の主なメリットは、次のとおりです。

  • 買取に比べて高値で売却しやすい
  • 余裕を持ったスケジュールを組める
  • 住みながら売却できる

独自のネットワークや広告媒体を活用して幅広く買い手を募るため、高値での売却がしやすくなります。売却までの期間にゆとりがある点も、仲介のメリットといえるでしょう。居住中に購入希望者が内覧に訪れることもありますが、見学者から意見や感想を聞くことができるというメリットもあります。住みながら売却することもできるため、その点でもスケジュールが立てやすいでしょう。

デメリットとしては、仲介手数料が発生するほか、買取と比較すると現金化までに時間がかかる点が挙げられます。

買取

所有する物件を不動産会社が直接買い取る方法です。買取の主なメリットは、以下のとおりです。

  • 仲介手数料が不要
  • スピーディに現金化できる
  • 内覧の必要がない
  • 契約不適合責任が免責される
  • 近隣に売却を知られる可能性が低い

不動産会社が直接対象物件を買い取るため、仲介手数料はかかりません。購入希望者を探す必要がなく販売に要する時間がかからないため、金額面で折り合いがつけば、スピーディな現金化が可能です。買い手が不動産会社のため内覧に対応する必要がなく、契約不適合責任も免責となります。

売主の売却スケジュールに合わせることができる一方、仲介と比較すると査定額・買取価格が低くなる傾向にあります。

このように、仲介と買取にはそれぞれメリット・デメリットがあります。両者の特徴をふまえたうえで、条件や希望に合う方法を選ぶことが大切です。

【神戸市西区】不動産査定について詳しく解説

不動産査定の経験がない場合、そもそも査定とはなにか、査定の方法やチェックポイントなどに不安を抱く方も多いのではないでしょうか。ここでは、阪田不動産が不動産査定について解説します。不動産査定を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

【神戸市西区】不動産査定とは?査定のチェックポイント

家の模型と電卓

不動産査定とは、あらゆる点から対象不動産の価値をチェックし、価格を見積もることです。無料で不動産査定を行っている不動産会社は多く、売却したい不動産があれば気軽にご利用いただけます。査定額はあくまで予想の価格であり、実際の売却価格を保証するものではない点に注意が必要です。

不動産査定では、主に次のポイントをチェックします。

築年数

不動産査定で最も重要なポイントとなるのが築年数です。築年数を重ねるごとに資産価値が下がるため、築年数が経過している物件ほど査定額が低くなる傾向にあります。法定耐用年数は木造建築が22年、鉄筋コンクリート造が47年であることから、戸建ては約20年、マンションであれば45年ほどで建物の資産価値がゼロとなります。

間取りや日当たり

間取りも査定の際に欠かせない要素の一つです。一般的な住宅を売却したい場合、希望者が多いと予想される一般的な間取りは、査定の評価ポイントです。日当たりや眺望、景観もチェックポイントとなります。

土地の状況

土地の形や、道路との隣接状況によっても査定額は変わります。用途に適した広さがあり形も良いなど、使いやすい土地であるほど好印象です。

周辺環境

人気エリアかどうか、交通アクセスのよさ、周辺施設の充実具合、騒音の有無といった周辺環境や立地も査定の基準となります。

外壁や共有スペース

戸建ては、外壁もチェックポイントの一つです。外壁のメンテナンスを行っておらず外壁が劣化している状態であれば、査定のマイナスポイントとなってしまう場合があります。マンションの場合、エントランスやエレベーターなどの共有スペースも査定の対象となります。

【神戸市西区】不動産査定の方法について

家の模型と虫眼鏡

不動産会社が行う不動産査定には、「机上(きじょう)査定」と「訪問査定」という2つの方法があります。それぞれの特徴は、次のとおりです。

机上査定(簡易査定)

ヒアリングや事前のアンケートなどを参考にして査定価格を算出する方法です。不動産会社は、立地や土地の大きさ、築年数、間取りなどに応じた住宅価格の相場をもとに、査定価格を決めます。メール査定のほか、不動産ポータルサイトでも簡易査定を依頼することができます。時間や場所に捉われず手軽に査定を依頼したい方や、売却の検討段階でおおよその価格を知っておきたい方にもおすすめの査定方法です。

比較的スピーディに査定結果を知ることができる点も、机上査定のメリットといえます。ただし、担当者が実際に物件を確認するわけではないため、訪問査定と比べて査定の精度が低くなりやすいというデメリットもあります。

訪問査定

不動産会社の担当者が売却予定住宅の現地調査を行ったうえで、査定価格を算出する方法です。資料だけでは判断が難しい、建物の状態や設備の状況、周辺環境などをプロが実際に現地で細かくチェックして査定するため、机上査定と比べて精度の高い査定が期待できます。売却を具体的に検討している方は、訪問査定の利用をおすすめします。

一方、詳しいチェックを行う関係で、机上査定と比べて時間がかかることがデメリットとして挙げられます。スケジュールに余裕を持った査定依頼をおすすめします。

査定時に揃えておきたい書類

スムーズに不動産査定を進めるためには、

  • 登記簿謄本
  • 公図
  • 土地の測量図または建物の図面
  • 登記権利証または登記識別情報
  • 本人確認書類
  • 印鑑証明書

などの書類を揃えておくとよいでしょう。

【神戸市西区】工場・倉庫の賃貸や貸土地なども含め不動産のことならお任せ

不動産を売却したい、賃貸経営を始めたいといった場合には、不動産会社への仲介をご相談ください。阪田不動産では、居住用はもちろん、貸土地や工場・倉庫といった事業用物件を含む不動産の売買・賃貸、査定に対応いたします。

「所有する物件を手放したい」「持て余している土地を貸土地として活用したい」「工場や倉庫の賃貸物件を探している」など、明石市や神戸市西区で不動産に関するお悩みがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

神戸市西区で倉庫の賃貸や貸土地など、不動産に関するご相談は阪田不動産へ

会社名 阪田不動産株式会社
代表者名 櫻井 幸廣
住所 〒673-0023 兵庫県明石市西新町1丁目5−23
電話番号 078-928-2626
FAX 078-928-2654
メールアドレス sakata.re@nike.eonet.ne.jp
URL //www.sakata-re.co.jp/
営業時間 9:00~18:30
定休日 水曜日
加盟団体 (一社)兵庫県宅地建物取引業協会
交通
  • 山陽本線 明石駅 徒歩15分
  • 山陽電鉄本線 西新町駅 徒歩7分
≪ 前へ|コラム一覧2   記事一覧   【明石市・不動産】貸倉庫の内見ポイントや貸土地の契約内容について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • スタッフブログ
  • お問い合わせ
  • 仲介実績
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    阪田不動産株式会社
    • 〒673-0023
    • 兵庫県明石市西新町1丁目5番23号
    • TEL/078-928-2626
    • FAX/078-928-2654
    • 兵庫県知事 (14) 第3935号
  • 更新物件情報

    2022-01-23
    エターナルⅠの情報を更新しました。
    2022-01-23
    サニープラザ Aタイプの情報を更新しました。
    2022-01-23
    サニープラザ Cタイプの情報を更新しました。
    2022-01-23
    ユタカ第2ビルの情報を更新しました。
    2022-01-23
    八木城ヶ谷貸倉庫の情報を更新しました。
    2022-01-23
    Kコーポ立石の情報を更新しました。
    2022-01-23
    西河原貸工場の情報を更新しました。
    2022-01-20
    太寺1丁目売地の情報を更新しました。
    2022-01-20
    西河原売地の情報を更新しました。
    2022-01-20
    デュオプレステージ明石西新町駅前の情報を更新しました。
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る